Top > セルフケア

お腹は冷やしちゃいけませんぜ。



備忘録がてら、冷えについて軽く書かせて頂きました。

よく「冷えは万病のもと」と言う言葉を聞きます。

西洋医学では「冷え」が原因の不調や病名は証明出来ないのですが
東洋医学では証明がされています。

そもそも、なして身体が冷えるのか?

①筋肉量や基礎代謝が落ちて(加齢や生活習慣)生み出す熱が少ない。

②熱が作られても体にしっかり循環されていない。

③体の水分バランス、循環が悪く溜まった水分で体が冷えてしまう。

④着衣や食べ物、生活習慣、ストレス、疲労、生活環境などの外的要因。


などか考えられます。


手や足が冷え冷え・寒いなど自覚があれば何とかしようとしますが

内蔵型冷え性の方は自覚が少なく

(起床時に脇よりお腹の温度が低い、触ってお腹が冷たい、風呂が熱く感じるなど)

は、気が付いていない方が多いのではないでしょうか?


身体を温めると・・・

代謝が上がり、疲労回復しやすいですし免疫力もアップします。
体温が一度上がると免疫力が数倍も上がると言われています。

今の時期、コロナによる環境ストレスやと気温の変化で自律神経が乱れやすく
内蔵機能が低下や身体が冷えやすいです。

そして、冷たいクーラーにあたり
アイス食べてゴロゴロ・・・

アイス食べたいですよ。ダメとはいいません。


アイス食べた後、あったかいお茶飲むとか

ご飯を冷やし中華からラーメンにするとか

どっかで帳尻があえばいいと思います。


さらりと書くと

①湯船につかる(温泉や炭酸泉がおススメ)

②腹巻する。レッグウォーマーもおススメ。

③汁物や食べ物で中から温める

④ストレッチやウォーキング、スクワットする。

⑤ストレスをためない。

⑥腸内環境を整える。

そして・・・リラクゼーションもいいですよ♡


身体を温める食べ物

ショウガ、唐辛子、ねぎ、みそ、イモ類、根菜類、鮭、カツオ、サバ、黒砂糖など


身体を冷やす食べ物

きゅうり、ゴーヤ、なす、レタス、トマト、果物系、ビール、コーヒー、お茶(物による)、白砂糖、うどん、牛乳など


スープにしたり、あたたまる食材とコラボするといいと思います。


無理せず、出来るところから
やってみてはいかかでしょうか?


ぶーさん たんの
 
 
ご相談やご質問は、お問合せページ から、お気軽にご連絡下さい!

HPからのネット予約も可能です。(当日予約は5時間前迄)
ご相談やご質問のお問合せ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。


インスタグラムID buusan thai massage
ページ上部へ戻る