Top > エスニックファッション

タイパンツってなんぞや?タイパンツあれこれ。

お久しぶりです。
Buusan丹野でございます。

本日は、タイパンツについて書こうかと思います。

三角のあいつじゃないですよ~w

よくタイマッサージ店のセラピストさんが施術する時にはいている

あのびろーんとしたパンツです。


形は色々・・・伝統的な形はコレですかね。



紐が付いていて、腰で縛ってはきます。




昔はタイの漁師さんがはいていたそうで

タイではフッシャーマンパンツともいうそうです。

暑い夏でも涼しく、動きやすくて快適です。

ひもで縛るのでサイズ調整がきくので男女兼用できます。

ただ・・・女性はトイレに行くとき面倒だったりします。


他にも色んな形やカラフルで独特なデザインのものがあります。




ひらひらした女性的な形



サルエルパンツ状になっているもの




全部ひっくるめてタイパンツと呼ぶ場合が多いです。

お値段もお安く、タイ土産の定番です。
100バーツ(約350円※レートによります)位から

どこに行っても売ってます。

日本で買うと2~3千円前後ですかね~。


薄いので、破れやすい・傷みやすいという欠点が・・・。

一回で破けたり、何年も着られる場合もあり、これは運ですね(^^;)


ちなみに、現地の方は殆ど履きません。

タイパンツ履いてる=観光客といった感じです。


私は、日本でも年中タイパンツを履いてます。仕事もプライベートも。

中にレギンス履いたらオールシーズンOKです。

もう何年もエスニック服で生活していますので、服の流行が全くわかりませんw


好きなデザインをぼろぼろになるまで着て

破けたら軽く直して、着れるところまで着る。

ダメになったら・・・また同じ色、形を買います。

エスニック服は縫製が雑ですが、それも味だったりして

マンペンラーイ(問題ないさー)精神のタイランドらしくて好きです。


タイパンツ、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

かわいい柄が多いので、おすすめです。

これからの季節にピッタリですしね。


ただ・・・裾が長いタイパンツは

裾をふんづけて転倒する人が多いので、気を付けて下さいね~
(チェンマイで2度ほど・・・)



ではこの辺で。たんのでした~







 
 
ご相談やご質問は、お問合せページ から、お気軽にご連絡下さい!

HPからのネット予約も可能です。(ネット予約は5時間前迄)
ご予約状況はHPのカレンダーをご参照ください。黒い部分は予約が受けられない時間となっております。(随時更新しています)

ご相談やご質問のお問合せ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。
ページ上部へ戻る